出張教育訓練 静電気対策教育プログラム

ESD Facility Certification

「出張教育訓練 静電気対策教育プログラム」のご案内

日本電子部品信頼性センターでは、ESDコーディネータが日常の責務として、ESDSに関係する従業員に対して行う静電気対策の教育訓練を、ESDコーディネータに代わって行う「出張教育訓練 静電気対策教育プログラム」のご提供を開始いたします。 講習はご依頼いただいた企業まで出向き、会議室、食堂、講堂などをお借りして行います。講習内容は、受講対象者のレベルに合わせて三段階のプログラムをご用意しております。受講が終了いたしましたら日本電子部品信頼性センター発行の受講終了証を受講者全員にご提供いたします。 なお開始時期はコロナ禍収束状況によりますが、2022年度からを予定しております。
講習内容はそれぞれのレベルで重複する部分がありますが、同じ項目でもレベルに合わせて内容が高度になっています。その他上記セミナーの組み合わせやその他ご要望もお受けいたします。
お申込み、お問い合わせは info@rcj.or.jp までメールでご連絡ください。

プログラム

レベル 講習内容 対象者 所要時間 受講費
(非会員)
受講費
(賛助企業会員)
1.入門編 静電気対策に必要な基礎知識や静電気対策の基本的なルールや対策用品の種類などを学習します。 経営者、新入社員、EPAに入室が予想される業者、購買担当者等直接ESDSの取扱いには関わらないが、ESD管理システムの教育訓練対象者となっている方々 1.5時間 ①参加者50名迄:150,000円

②参加者100名迄:200,000円

①参加者50名迄:120,000円

②参加者100名迄:160,000円

2.初級編 静電気対策を行うにあたり必要とされる正しい静電気現象の知識習得と静電気対策の用品や用語、EPA内のルールに関する知識を習得します。 ESDS取扱い企業の従業員、製造ライン作業者、新人ライン作業者、ESD管理用アイテムの調達担当者、ESDS搬送関係の方々 2時間 ①50名迄:
200,000円

②100名迄:
250,000円

①50名迄:
160,000円

②100名迄:
200,000円

3.中級編 静電気対策に必要な静電気現象の基礎(電位、電荷、ESD、静電誘導等)とESD管理用アイテムの評価方法、ESD管理システムの要求事項を習得します。 製造ライン従事者および管理者、ライン設計者、管理用アイテムの調達担当者、ESDS搬送関係者の方々 3時間 ①50名迄:
250,000円

②100名迄:
300,000円

①50名迄:
200,000円

②100名迄:
240,000円

※会場:ご依頼企業の会議室、食堂、講堂等。
※オプション:効果判定用の簡易試験の実施。
※交通費等実費別。

TOPへ