電子部品信頼性委員会(機能安全)

最近、FA等のコンピュータ制御電子機器及び自動車の機能安全が注目されています。その基本規格は、IEC 61508「電気・電子・プログラム電子安全関連系の機能安全」であり、自動車向けの機能安全規格はISO 26262でが2011年に発行されました。IEC 61508では、ハードウエアの安全度水準(SIL(Safety Integrity Level):4段階に分類(表1参照))を評価し、明らかにすることを要求しています。ISO 26262では、ASIL(Automotive SIL)と呼ばれ、やはり4段階に分類されています。SILの評価方法では、電子機器の構成電子部品の故障率を基に算出することになります。自社の信頼性データやフィールドデータを基に算出するのが望ましいが、手元にデータが無い場合に、公表されている故障率データを基に算出することになる。IECで公表している故障率モデルとして、IEC 62380/TR(Reliability Hand Book – A universal model for reliability prediction of Electronics components, PCBs and equipment)があり、規格では、このTRの使用が推薦されています。このTRは仏で作成されたので、特に欧州に輸出する場合、このTRを用いた故障率予測が要求されると言われています。なお、IEC/TRモデル以外にも、MIL-HDBK-217及びその後継規格の217plus(PRISM)等があり、これらの故障率モデルについて、調査研究することを目的とした調査研究委員会です。

平成25年度電子部品信頼性研究委員会成果報告 -機能安全規格の解説とSIL(ASIL)評価のための電子部品故障率予測ガイドライン-

入手方法と頒布価格

当センター発行資料は、一般の書店では取り扱っておりません。ご入用の向きは、直接下記へご注文下さい。
なお、消費税及び郵送の場合の送料(実費)を別途申し受けます。

〒111-0043 東京都台東区駒形2-5-6 カミナガビル3階
一般財団法人 日本電子部品信頼性センター 総務部
(TEL:03-5830-7601 FAX:03-5830-7602)

平成26年度電子部品信頼性研究委員会成果報告 ーハードウエアのSIL(ASIL)評価例及びFIDES(電子部品故障率モデル)の解説と算出例-

平成27年度電子部品信頼性研究委員会成果報告 -機能安全規格の動向及び電子部品故障率モデルのIEC/TR 62380、FIDES及び217Plusを用いた故障率算出例と比較

電子機器の信頼度予測方法の解説とMIL-HDBK-217Fの全訳資料(PRISM及びMIL-HDBK-217F)

電子機器の新しい信頼度予測方法-PRISM-の目次(付録 MIL-HDBK-217F Notice2の全訳)