ESDC会報

ESDC MONTHLY REPORT

RCJ ESD COORDINATOR会報

(一財)日本電子部品信頼性センター

RCJ ESD COORDINATOR会報発刊にあたって

RCJ ESD COORDINATOR資格認証制度は、2002年11月に第1回の認証セミナーを実施して以来、2007年10月のセミナーで、12回を数え、順調に有資格者が増加してきました。

本制度の開始に当たっては、半導体を中心とするエレクトロニクス業界より、日本全体としてESD管理技術の向上と資材提供者を含めたESD管理に関する共通認識の醸成の要望があったことにあります。そのためには、個人の技術力向上と、ESD管理に携わる人々の用語等を含めた認識共有が必要と考えました。ちょうどその時期(1998年~1999年)にESD管理の基礎となるIEC TS(TR)規格(IEC (TR) 61340-5-1:1998静電気現象からの電子デバイスの保護-一般要求事項、IEC(TS) 61340-5-2:1999静電気現象からの電子デバイスの保護-ユーザカイド)が発行されました。ESD管理技術の基礎となるこれらの規格は、IEC規格で世界共通の規格であり、内容も豊富で、日本に普及すべきと考えました。そのような背景で本制度は、2002年に開始しました。本制度の目的は、ESD管理技術を習得したESD COORDINATORを養成するもので、その基準となる規格がIEC 61340-5-1、5-2です。また、広く技術を広めたいという目的で、資格取得のハードルを高くせず、セミナー日数を多くとらず、試験問題も平易にしました。但し、より専門知識を習得したESD COORDINATORの養成も必要ということで、主任ESD COORDINATOR資格も設けました。

2002年の制度開始以来、5年が経過しましたが、予想以上にESD COORDINATOR(ESDC)取得希望者が多く、現在は、ESDC取得者が約1400名、主任ESDC取得者が80名に達しました。このような多人数の制度を維持してくのに、費用を要することから、2006年からESD COORDINATOR取得者の方に、年会費をお支払い頂くようにお願いしました。その中で、情報共有として会誌発行のご要望があり、今回会誌を発行することに致しました。まだ十分な内容とはいきませんが、今後充実して いく予定ですので、皆様のご支援・ご協力をお願い致します。

平成20年3月
RCJ ESD COORDINATOR資格認証専門員会
委員長 後川 昭雄

はじめに

RCJ ESD COORDINATOR会報(以下、会報と略します)は、正規RCJ ESD COORDINATOR(以下、ESDCと略します)の為のものです。従って、会報を読むためには、パスワードが必要となります。また、著作権保護の為、会報掲載の記事や報告等は、印刷などについても制限したものがあります。これは、主に、掲載にご協力を頂いた組織や機関などの為に、行うものなので、ご了承下さい。

今後の掲載予定は、

  1. RCJに寄せられたESDCの皆さんからの質問に対する回答
  2. ESDAのWebサイトに掲載されている「ESD Fundamentals」の翻訳
  3. ESDに関係するMIL規格の概略

等です。

なお、会報発行は、原則として毎月第1週に発行し、RCJ WEBに掲載します。但し、ESD Fundamentals等の連載については、1ヶ月毎に更改しますが、その他の記事は変更無しで掲載する場合があります。また、連載記事は、原則として更新毎に前掲載記事を削除します。

この会報の無断複写は、著作権法上での例外を除き、禁じられています。

ESDC会報バックナンバー

No.102 2017年 6月発行
白書4(EOS)(その6)
No.102 2017年 5月発行
白書4(EOS)(その5)
No.102 2017年 4月発行
白書4(EOS)(その4)
No.101 2017年 3月発行
白書4(EOS)(その3)
No.100 2017年 2月発行
白書4(EOS)(その2)
No.99 2017年 1月発行
白書4(EOS)(その1)

今月号から白書4(電気的オーバーストレスの理解-EOS)について掲載します。電気的オーバーストレス(EOS)による損傷は、集積回路およびシステムが稼働中に故障し返却される主要な原因ですが、EOSに関する種々の誤解があります。本白書では、EOSがどのように構成され、如何にEOS損傷が様々な原因から生起されるかについて述べられており、統一的な理解を促進することを目的としています。

No.98 2016年 12月発行
ESDAが公開しているQ&A(その4)

今月号は、米国ESDAが公開しているQ&Aを掲載します。今月号は追加分でその4です。

No.97 2016年 11月発行
ESDAが公開しているQ&A(その3)

今月号は、米国ESDAが公開しているQ&Aを掲載します。今後3回に分けて掲載します。今月号はその3です。

No.96 2016年 10月発行
ESDAが公開しているQ&A(その2)

今月号は、米国ESDAが公開しているQ&Aを掲載します。今後3回に分けて掲載します。今月号はその2です。

No.95 2016年 9月発行
ESDAが公開しているQ&A(その1)

今月号は、米国ESDAが公開しているQ&Aを掲載します。今後3回に分けて掲載します。今月号はその1です。

No.94 2016年 8月発行
ESD技術ロードマップ-2016年版(後半)

今月号は、ESDAが発行しているESD技術ロードマップ-2016年版(後半)を掲載します。これは、2013年版の改定版です。

No.93 2016年 7月発行
ESD技術ロードマップ-2016年版(前半)

今月号は、ESDAが発行しているESD技術ロードマップ-2016年版(前半)を掲載します。これは、2013年版の改定版です。

No.92 2016年 6月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その23)
No.91 2016年 5月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その22)
No.90 2016年 4月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その21)
No.89 2016年 3月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その20)
No.88 2016年 2月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その19)
No.87 2016年 1月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その18)
No.86 2015年 12月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その17)
No.85 2015年 11月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その16)
No.84 2015年 10月発行
白書2の抜粋:製造工程におけるCDM対策-2

今月号は、以前に掲載した白書Ⅱの3章に記述されている“アセンブリラインにおけるCDMに関係するESD管理についてまとめたものです。現在、製造工程でのCDM対策が重要視されています。そこで、復習として、この白書で扱っているCDM対策の実践例をその2としてまとめて再掲しました。

No.83 2015年 9月発行
白書2の抜粋:製造工程におけるCDM対策-1

今月号は、以前に掲載した白書Ⅱの3章に記述されている“アセンブリラインにおけるCDMに関係するESD管理についてまとめたものです。現在、製造工程でのCDM対策が重要視されています。そこで、復習として、この白書で扱っているCDM対策について、まとめて再掲しました。

No.82 2015年 8月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その15)
No.81 2015年 7月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その14)
No.80 2015年 6月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その13)
No.79 2015年 5月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その12)
No.78 2015年 4月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その11)
No.77 2015年 3月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その10)
No.76 2015年 2月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その9)
No.75 2015年 1月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その8)
No.74 2014年 12月発行
ESD技術ロードマップ-2013年3月号(後半)

今月号は、連載を一次休止し、10月号で紹介した「最新のESD技術ロードマップ 」の後半部分(デバイスのESD試験方法のトレンドについて)を掲載します。

No.73 2014年 11月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その7)
No.72 2014年 10月発行
ESD技術ロードマップ-2013年3月号

今月号は、連載を一次休止し、最新のESD技術ロードマップについて掲載します。

No.71 2014年 9月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その6)
No.70 2014年 8月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その5)
No.69 2014年 7月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その4)
No.68 2014年 6月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その3)
No.68 2014年 5月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その2)

今回から白書3-1(システムレベルESD-第1部)に引き続き、白書3-2(システムレベルESD-第2部)について掲載します。ESDSを実装した システム、モジュール等のESD耐性は、部品レベルのESD耐性と対応せず、システムレベルでのESD耐性強化が必要であるあり、その対処方法などが記載されています。 この内容は、ESDCの皆様に非常に参考になると思われますので、白書内容を抜粋して掲載して行きます。

No.68 2014年 4月発行
白書3-2:システムレベルESD 第2部:有効なESD耐性設計の実践(その1)
No.67 2014年 3月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その23)
No.66 2014年 2月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その22)
No.65 2014年 1月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その21)
No.64 2013年 12月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その20)
No.63 2013年 11月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その19)
No.62 2013年 10月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その18)
No.62 2013年 9月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その17)
No.61 2013年 8月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その16)
No.60 2013年 7月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その15)
No.59 2013年 6月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その14)
No.58 2013年 5月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その13)
No.57 2013年 4月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その12)
No.56 2013年 3月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その11)
No.55 2013年 2月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その10)
No.54 2013年 1月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その9)
No.53 2012年 12月発行
ESDに関する規格情報

今月号では、ESDに関する規格情報を掲載します。ESDA、MIL、IECの規格作成状況をまとめています。

No.52 2012年 11月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その8)
No.51 2012年 10月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その7)
No.50 2012年 9月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その6)
No.49 2012年 8月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その5)
No.48 2012年 7月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その4)
No.48 2012年 6月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その3)
No.47 2012年 5月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その2)

今回から白書2(CDM)に引き続き、白書3-1(システムレベルESD-第1部)について掲載します。ESDSを実装したプリント配線板のESD耐性は、部品レベルのESD耐性と対応せず、システムレベルでのESD耐性強化が必要であるあり、その対処方法などが記載されています。 この内容は、ESDCの皆様に非常に参考になると思われますので、白書内容を抜粋して掲載して行きます。

No.47 2012年 4月発行
白書3-1:システムレベルESD 第1部:よくある誤解と基本的アプローチ(その1)
No.46 2012年 3月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その16)

付属書E

No.45 2012年 2月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その15)

付属書D

No.45 2012年 1月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その14)

付属書B(後半)

No.45 2011年 12月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その13)

付属書C(後半)

No.44 2011年 11月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その12)

付属書C(前半)

No.43 2011年 10月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その11)

付属書B(前半)

No.42 2011年 9月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その10)
No.41 2011年 8月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その9)
No.41 2011年 7月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その8)
No.40 2011年 6月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その7)
No.39 2011年 5月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その6)
No.38 2011年 4月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その5)
No.37 2011年 3月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その4)
No.36 2011年 2月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その3)
No.35 2011年 1月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その2)
No.34 2010年 12月発行
白書2:部品レベルCDMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合 (その1)

今回から白書1(HBM/MM)に引き続き、白書2(CDM)について掲載します。この白書には、CDM耐性目標の見直しの他に、CDMに対する保護方法が記載されています。 この保護方法は、ESDCの皆様に非常に参考になると思われますので、この保護方法を中心に、白書内容を抜粋して掲載して行きます。

No.33 2010年 11月発行
白書1:部品レベルHBM/MMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合(その7)
No.32 2010年 10月発行
白書1:部品レベルHBM/MMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合(その6)
No.31 2010年 9月発行
白書1:部品レベルHBM/MMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合(その5)
No.30 2010年 8月発行
白書1:部品レベルHBM/MMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合(その4)
No.29 2010年 7月発行
白書1:部品レベルHBM/MMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合(その3)
No.28 2010年 6月発行
白書1:部品レベルHBM/MMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合(その2)
No.27 2010年 5月発行
白書1:部品レベルHBM/MMのESD仕様及び要求事項の低減可能な場合(その1)
No.26 2010年 4月発行
白書:「ESD現象とマイクロエレクトロニクスの信頼性」、第10章(将来の課題)後半
No.25 2010年 3月発行
白書:「ESD現象とマイクロエレクトロニクスの信頼性」、第10章(将来の課題)前半
No.24 2010年 2月発行
白書:「ESD現象とマイクロエレクトロニクスの信頼性」、第9章(保護設計)
No.23 2010年 1月発行
白書:「ESD現象とマイクロエレクトロニクスの信頼性」、第8章(デバイスとテクノロジーの影響)
No.22 2009年 12月発行
白書:「ESD現象とマイクロエレクトロニクスの信頼性」、第7章(ESD特性)
No.21 2009年 11月発行
白書:「ESD現象とマイクロエレクトロニクスの信頼性」、第6章(コンポーネントレベルESDの課題)
No.20 2009年 10月発行
白書:「ESD現象とマイクロエレクトロニクスの信頼性」、第5章(クリーンルーム内でのESDコントロール)
No.19 2009年 9月発行
白書:「ESD現象とマイクロエレクトロニクスの信頼性」、第4章(イオン化を用いたESDコントロール)
No.18 2009年 8月発行
白書:「ESD現象とマイクロエレクトロニクスの信頼性」、第3章(静電気コントロール材料)後半
No.17 2009年 7月発行
白書:「ESD現象とマイクロエレクトロニクスの信頼性」、第3章(静電気コントロール材料)前半
No.16 2009年 6月発行
白書:「ESD現象とマイクロエレクトロニクスの信頼性」、第2章
No.15 2009年 5月発行
白書:「ESD現象とマイクロエレクトロニクスの信頼性」、はじめに及び第1章

今月号より、白書:「ESD現象とマイクロエレクトロニクスの信頼性」(オリジナルは米国ESD協会)の連載を開始します。

No.14 2009年 4月発行
「静電気管理技術の基礎(増補改訂版)」、「MIL規格に基づく静電気管理」発行によせて
No.13 2009年 3月発行
ESDの基礎 ESD規格(後半)を追加しました。ESDの基礎  ESD規格(後半)

(注:印刷・コピー不可でpdfを作成しています)

No.12 2009年 2月発行
ESDの基礎 ESD規格(前半)を追加しました。ESDの基礎  ESD規格(前半)

(注:印刷・コピー不可でpdfを作成しています)
IEC 61340シリーズ規格の開発状況(含むJIS)一覧表の改訂

No.11 2009年 1月発行
ESDの基礎 デバイス敏感性と試験(後半)を追加しました。

ESDの基礎  デバイス敏感性と試験(後半)
(注:印刷・コピー不可でpdfを作成しています)

No.10 2008年 12月発行
ESDの基礎 デバイス敏感性と試験(前半)を追加しました。

ESDの基礎  デバイス敏感性と試験( 前半)
(注:印刷・コピー不可でpdfを作成しています)

No.9 2008年 11月発行
ESDの基礎 教育・訓練と監査(後半(その2))を追加しました。

ESDの基礎 教育・訓練と監査(後半(その2))
(注:印刷・コピー不可でpdfを作成しています)

No.8 2008年 10月発行
ESDの基礎 教育・訓練と監査(後半(その1))を追加しました。

ESDの基礎 教育・訓練と監査(後半(その1))
(注:印刷・コピー不可でpdfを作成しています)

No.7 2008年 9月発行
ESDの基礎 教育・訓練と監査(前半)を追加しました。

ESDの基礎 教育・訓練と監査(前半)
(注:印刷・コピー不可でpdfを作成しています)

No.6 2008年 8月発行
ESDの基礎 基本的なESD管理手順と資材(後半)を追加しました。

ESDの基礎 基本的なESD管理 手順と資材(後半)
(注:印刷・コピー不可でpdfを作成しています)

No.5 2008年 7月発行
ESDの基礎 基本的なESD管理手順と資材(前半)を追加しました。

ESDの基礎 基本的なESD管理 手順と資材(前半)
(注:印刷・コピー不可でpdfを作成しています)

No.4 2008年 6月発行
ESDの基礎 ESD管理の原理(後半)を追加しました。

ESDの基礎 ESD管理の原理(後半)
(注:印刷・コピー不可でpdfを作成しています)

No.3 2008年 5月発行
ESDの基礎 ESD管理の原理(前半)を追加しました。

ESDの基礎 ESD管理の原理(前半)
(注:印刷・コピー不可でpdfを作成しています)

No.2 2008年 4月発行
ESDの基礎 ESD入門(後半)を追加しました。

ESDの基礎 ESD入門(後半)
(注:印刷・コピー不可でpdfを作成しています)

No.1 2008年3月発行
IEC 61340-5-1, 5-2の新規格発行状況とESD COORDINATOR制度での対応について
IEC 61340シリーズ規格の開発状況
ESDC試験合格率の推移
お知らせ
ESDの基礎 ESD入門(前半)
(注:10ページ以降は、印刷・コピー不可でpdfを作成しています)