ESDコーディネータ資格認証セミナー(5/28、29開催)参加受付開始しました

第35回 RCJ ESD COORDINATOR資格認証セミナー参加受付を開始しました

第35回 RCJ ESD COORDINATOR資格認証セミナーは、2019年5月28日(火)、29日(水)に開催します。
参加申込受付を開始しました。

第35回 RCJ ESD COORDINATOR資格認証セミナーのご案内(pdf)
第35回 RCJ ESD COORDINATOR資格認証セミナー申込用紙(word)

第35回 RCJ ESD COORDINATOR資格認証セミナー概要

    1. 日時(2日間):
      2019年5月28日(火):10:00~17:15
      2019年5月29日(水):10:00~16:30
      (5月29日 14:30~16:30に試験を行います)
    2. 場所:大田区産業プラザ 4階コンベンションホール
    3. 認証クラス:ESD COORDINATOR
    4. セミナー内容:IEC 61340-5-1:1998を基に改訂・補強したRCJ規格RCJS-5-1(第3版):2016(静電気現象からの電子デバイスの保護 – 一般要求事項)の解説及び試験
    5. 教材:RCJS-5-1(第3版):2016及びその解説書等
    6. 講師:(未定)
    7. 定員:150名

ESDコーディネータとは?

エレクトロニクス産業のあらゆる分野で、静電気管理の重要性が増しており、静電気管理技術者(ESD COORDINATOR)の育成、社内の地位確立・向上が要請されています。

そのため、一般財団法人日本電子部品信頼性センター(RCJ)が、IEC 61340シリーズ規格(RCJS規格を含む)を基準として、ESD COORDINATORを認証する制度を運用しています。

ESD COORDINATORは、組織内での開発・設計・製造・購買・管理・教育訓練・現場サービスにいたるESD管理システムを構築し、維持、管理する役割を果たします(ただし、この認証ではIEC61340シリーズの中で、人体安全性や労働安全性など安全性についての項目は、除外します)。このような役割を果たすために、ESD COORDINATORは、ESD管理技術全般と品質管理技術の双方についての知識をもち、ESDに係わる人、物、環境との相互関係を考慮し、組織のESD管理プログラム推進のための管理能力をもつことが期待されます。また、組織内外の監査に対して、豊富な経験と知識にもとづいて明確に対応する役割を持つものです。